後期型エクリプスクロスGK1W 4WD用及びマイナーチェンジ後の車両にCOXボディーダンパーリアユニットの取り付けがキット製品のままでは出来ない事が分かりましたが、実車確認の結果、以下の方法で装着が可能です。
第一に、2018年11月3日頃の生産車両です。正式なマイナーチェンジ前の車両です。
装着できない理由は、エクステンションリアフロアサイドメンバーに有るブラケット固定穴の一か所に穴は有るのにナットが付属していないという問題です。
こちらの車両ではナットをインストール出来る様にナットアダプターで装着可能となります。(部品3/17完成)
第二に、三菱自動車株式会社からの正式なマイナーチェンジ車両、19型2018年12月13日より実施された、フレームナンバー0100101以降は取り付け用の穴が有りませんので、こちらの車両ではそのままではブラケット自体が固定できません。
マイナーチェンジ以降のフレーム番号DGA-GK1Wー0100101以降は製品のブラケット装着できるように穴あけ加工を実施して頂きいます。
穴あけ加工を行った後にナットアダプターを使用し取り付けを実施してください。
今回、弊社で確認したのは2018年11月3日生産車両(前期の後期)と2019年2月生産車両(マイナーチェンジ後車両)でした。
2018年3月~2018年11月以前までの生産車両では問題発生していませんが、どのタイミングでネジ山が無くなったのか特定できません。
現在、フレームナンバー0000106以降の車両の後期モデルには、ナットアダプターを製作するように手配しました。
今後ご注文の場合、フレームナンバーと生産年月日をMMCメディア、ASA(部品検索エンジン)等で確認をしていただく必要がります。
マイナーチェンジ以降のフレーム番号DGA-GK1Wー0100101以降は上記の様に穴あけ加工が必要となります。
フレームナンバーDBA-GK1W-0000106以降の車両は下記取説内赤マーク部分位置の状態確認をお願いします。
該当部穴にネジ山が有ればそのまま装着できますが、無い場合ナットアダプターが必要になります。
尚、ナットアダプターは当該車両の場合ご注文時に確認を行い出荷時に無償で同梱提供させて頂きます。
COXGK1W__________2019_03_03_133805.jpg
cox_adnut.jpg